11全体モールドの成型

年齢問わず、今、男性にも女性にも大人気!あらゆる模型でプロの技術が身に付く通信講座

フィギュア原型師養成講座は5講座あり、入門講座の受講料はわずか1,905円(税抜)です。 プロ原型師「模型の王国」先生の指導の指導が受けられる通信講座は下記よりどうぞ。

>>N-academyのフィギュア原型師養成講座の詳細を見る


11全体モールドの成型

この段階まで出来れば、おおよそ人物らしく見えてきたのではないかと思います。

水着姿などのフィギュアの場合、全身の表面処理をこの時点で行う必要がありますが、
今回は、露出部位が少ないので、服に隠れる部分はあまり気にする必要はありません。

モールドの成型

とは言え、骨格以外の部分ながら、衣類の着こなしなど、最終的なボリュームにも
影響が出る部分ですから、乳房や臀部などある程度造形しておきましょう。

こうした部分が重心位置に影響を与えることは少ないですが、
ポーズによっては、多少なりとも影響が出ます。

したがって、こうした部分を含め、ある程度の全身ボリュームが仕上がった段階で、
再度バランスなどを確認してみましょう。

側面1

背面

側面2

普段から人物観察や人物写真などを良く見て、
どこに重心が乗っているのかも確認して応用してみると良いと思います。

写真

上記は、今回、大正時代の女性のリアルアフィギュアを作るために用いた写真ですが、
私も、こういった写真素材からモチーフの重心位置を見極め作成しています。


ポーズ修正のコツ

また、自分の思惑とは別に、作業時のほんの少しの歪みで
フィギュアが立たなくなっていたりすることもあります。

うまく修正が出来る状態にあれば良いですが、
そうでない場合、手っ取り早い解決方法は足首の角度を調整してみることです。

軽く足首に切れ込みを入れて曲げてやれば、そこから上の重心が自在に動くはずです。


もちろん、立てばよい、というものではありませんが、
「なんだかちょっと安定が悪いなぁ」と感じている状態ならば試す価値は十分あります。

この作業で顔の向き等が変わってしまった場合、首を同様の方法で曲げてやると良いでしょう。

とはいえ、このように部分部分で修正をかけていくと、
バランスが崩れ続けてしまい取り止めがなくなってしまいますので、
全体バランスを重視してほどほどに留めておいた方が良いかもしれません。


なお、ここまでがポーズ修正をかける最後のチャンスでもあります。


衣服を作ってしまった後は、服のシワなどが人物のポーズを決定的にしますので、
そうなってしまってからポーズ修正する場合は、最初から作り直した方が早いと言えます。

ですので、ポーズに十分納得がいってから次の項目に進んでください。

年齢問わず、今、男性にも女性にも大人気!あらゆる模型でプロの技術が身に付く通信講座

フィギュア原型師養成講座は5講座あり、入門講座の受講料はわずか1,905円(税抜)です。 プロ原型師「模型の王国」先生の指導の指導が受けられる通信講座は下記よりどうぞ。

>>N-academyのフィギュア原型師養成講座の詳細を見る

管理人は、リアル系フィギュアと呼ばれるジャンルのプロの造形師(原型師)です。

アニメ系キャラクターや美少女フォギュアの原型も手がける事もありますが、こちらは得意ではありません。

なお、当サイトで述べる造型方法は独学で学んだものですので、一般的な製作方法と異なる場合もありますので、ご注意下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ